Jug


ジャグ

新宿区神楽坂3-3 野本ハイツ102号
03-5261-1161
19:00~03:00
無休

 

躙口(にじりぐち)は茶室での片引戸の小さな出入口で、客のために設けられている。潜りとも言われ、客が背をかがめてにじるように入るためにその名が付いたとも言われているが、まさしくそれを思わせる入り口が神楽坂にある。

扉を開けるとさらに扉があり、ブビンガの一枚板が現れる。奥にはイギリスの古城で使われていたという200年前のレンガの壁があり、建築家の伊丹潤氏が手がけた内装は非日常感で溢れている。カウンターに座ってカクテルを飲んでいると、緩やかにこちらに向かって傾斜がついているような錯覚に陥るが、それは錯覚ではなく、客人がリラックスできるようにという心憎い演出だった。

 

 

Evans
la Hulotto
EST!

サイト内の写真・文章について

写真は、お店側の許諾を得て撮影しているものです。 何らかの都合により掲載が不都合である場合はご一報頂ければ幸いです。
また、本サイトで提供するすべてのコンテンツ(文章、写真等)は著作権の対象となっており、許可なく複製・転用・販売といった二次利用はご遠慮ください。

Copyright © 2010 今宵のバー. All rights reserved.